日本医療機器テクノロジー協会について日本医療機器テクノロジー協会について

沿革

 1967年プラスチック製医療機器メーカー14社によって「医療用プラスチック懇談会」が設立されました。当時の医療機器の主製品は、注射器具、輸血・輸液セット、血液バッグ等でした。血液透析療法の開発・普及により中空糸型透析器等製品も次第に拡大したことにより、1980年に「日本医療用プラスチック協会」と改称しました。その後、人工関節、セラミック人工骨等を扱う会員が増え、1990年に「日本医療器材協会」と改称しました。1979年には人工臓器の学術的な要請に応えて、研究開発に努めることを目標に「日本人工臓器工業協会」が設立され、両団体ともそれぞれの活動で成果をあげました。しかし、近年の医療機器業界を取り巻く環境の変化に伴い、業界として対応する必要から2000年11月17日、日本医療器材協会と日本人工臓器工業協会が合併して、会員数が200社を超え、会員の総売上高が約1兆円となる「日本医療器材工業会」(医器工)が誕生しました。


 さらに現在は、政府の日本再興戦略において、日本経済の牽引役として医療機器産業に は大きな期待が寄せられています。

 そこで、医器工は社会的使命と責任をより明確にするために2013年10月1日付で、新たに「一般社団法人日本医療機器テクノロジー協会」として発足しました。


マークの由来

ロゴマーク


 Medicalの頭文字Mが地球を表す球をやさしく包み込んだイメージで、世界の医療の質の向上への貢献を表現。ブルーは革新的な医療機器テクノロジーを表現。


ページトップへ戻る