会員専用ページ ログイン

  

(一社)日本医療機器テクノロジー協会(MTJAPAN)について

会長あいさつ

日本医療機器テクノロジー協会会長 三村 孝仁

まず初めに、COVID-19拡大で罹患された方々やそのご家族にお見舞い申し上げますとともに、日々対応されている医療関係者、当協会の会員各社の方々に深く敬意を表明し心より感謝申し上げます。

医療機器産業を取り巻く環境変化は加速しています。
COVID-19パンデミックは、医療機器産業の果たすべき社会的責任の重要性を浮き彫りにしたといえます。
体温計、血中酸素のメーター、人工呼吸器を代表に様々な機器が供給不足となり、弊社を含め緊急増産の対応をいたしました。現在でもワクチン接種用のシリンジが会員企業で増産に対応中です。

他方、医療機器にかかわる技術の進化も止まりません。医療のデジタル化においてAI・IoT・ウェアラブルの活用が進むなど、医療機器の概念は更に広がっており、多くのべンチャー企業による新技術を用いた開発も進んでいます。COVID-19による環境変化が後押しする影響のひとつとして、競争に代わる「共創」という言葉が使われています。実際に起こりつつある異分野異業種からの提案や参入、遺伝子や細胞治療など新たなモダリティが加わりつつある医薬と協力共存などを含め、従来の枠を越えたところにチャンスがあると思います。
今はあらゆる場面で「Agility」が求められる時代と言われます。キーワードは「共創」と「Agility」、組むべき相手と組んで迅速に動く、私たちにも要求されていることだと思います。

医療機器への期待と責任はますます大きくなっていきます。日本を代表する医療機器業界団体として、会員企業の皆様とともに、医療の質の向上と安定供給という社会的責任をはたし、さらに日本の、そして世界の医療の発展に、医療機器テクノロジーを通じて貢献していきたいと考えております。
関係各位におかれましては、なお一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人日本医療機器テクノロジー協会
会長 住吉 修吾